紡ぎ車と世界の原毛アナンダ

ショップのトップへ 送料とお支払い ご注文の流れ お読み下さい お問合せ 特定商取引法に基づく表記
RSS ATOM


N.Z.の牧場から入荷します。
手で紡ぐ羊毛素材は紡績産業の巨大な流通からとは別に、手紡ぎの目で牧場を選んで「産地直送」の安定ルートが出来ないものか・・・アナンダはいつの頃からかこれが夢となっていました。牧場主も野菜農家と同じで、堆肥から手作りして最高の野菜を作る人から、合理的に経済性中心の農家までいろいろです。実際、毛は人が作るのでなく羊の体が作るのですが、羊の体は牧場の草や水、適切な運動や害虫駆除などの羊にとっての環境が作ると言えます。実際、面白いことに畜産技術より牧場主の人柄、自然と関わる姿勢。「心」が羊の群れに表われます。まるで野菜のようです。誰でも自分の気に入った輝く毛を見つければ、何を作っても、腕じゃなくて最後まで輝いています。是非フリースの魅力を手に取って見て下さい。
一頭一頭の毛並みと感触が、どれほど違うか...
グリージーフリースから紡いだ糸を手にした人は、そのしなやかな感触と艶に驚かされます。この感触だけは手で洗って紡がなければ得られないものでしょう。牧場からの毛を手で洗って脂分が適度に残る。また、一頭単位で紡ぐということが、羊の背中や脇、胸、足元などの毛の違い、天然の色と毛質の想像以上の豊かな変化に、きっと感動されるでしょう。気に入った毛を見つければ、もう、半分出来たも同然!手作りの魅力は・・結局、素材の魅力なんですよね。

回覧見本帳をご請求、または、おまかせでもOK。
ご注文は回覧式の見本帳から、または重さや色、太さなどをお知らせ頂ければ、ちょうど良いものをこちらで選んでお送りします。いずれの場合も、お電話で(0551-32-4215)山梨本社までお問い合わせ下さい。

この牧場から届きます!

ローズバンクファーム(マーガレットさん)
牧場はきれいで毛も従って汚れが少なく、とても毛に魅力があって、洗った時に歩留まりが良い。ここの羊は畜産品評会でよく特賞を取るとのこと、第一にマーガレットさんが羊の世話を人任せにしない。明るくて愛情あふれる人柄が羊の群れの動きに表れている感じでした。
ティクトーン牧場(ジャネットさん)
知り合ったのはクロムウエルでの小さなウールフェスティバル会場。ジャネットさん(写真)がわずか3頭のゴットランドシープのフリースを台に乗せて出店していました。台の上の3頭分があまりに美しいフリースなので、真っ黒い1頭を購入。その後、手紙を出して、ジェラード兄弟に去年の20頭を送ってもらって入荷。牧場は南島のさらに南端、非常に遠い所にあります。
タリホー牧場(ドンさん)
手作りメリーノ・スライバーの三色(毛細くスライバーに適度にネップが混ざり、人気)とゴットランド手作りロールを輸入。彼自身が自分の牧場の羊で古い機械を駆使して作っている。ドンさんの牧場にはゴットランドシープ50頭も飼育されている。
アシュフォード
アシフォード社には、NZ全国の牧場からフリースの売り込みに来る。広い選択巾があるので、ニュージーランド中から変わった色や毛並みを見つけてくれたりする。
ジェラードとトム兄弟
お父さんの代からの羊毛加工会社。アナンダの染色羊毛の染色、スライバー加工、トップ加工など。その他有色羊の洗毛やカードかけなど一手に手配して輸出してもらっている。この兄弟がアナンダの仕事の内容を深く理解してくれて、これからも、いつでもニュージーランド中のどこの牧場からでも、どんな量でも集めて輸出してくれます。

フリースの洗い方

フリース洗いのねらい
ステイプル(毛の房)を壊さずに羊の汗、泥などの「汚れ」と「臭い」を洗い落とす。草や種子などのゴミは、今はそのままにしておきます。



フリース洗いで注意する4つのポイント
×アルカリ液
×毛どうしの摩擦
×長時間水に浸けておくこと
×急激な温度変化(特に急冷)

1. 洗液をつくる 2.洗濯ネットに入れる
液体モノゲンまたはネリモノゲン溶液を、たらいいっぱいのお湯に1カップ程度溶かす。湯の温度は40℃〜50℃位。毛にもよるが、だいたい脂はさらっとした感じに残る。脂分を落としたければ液温を上げ、洗液のモノゲンの濃度を上げる。湯の量は毛がたっぷり浸かる程度。   フリースを全部、毛布用の大きい洗濯ネットにそのまま入れる。毛の房を崩さないためには、出来るだけ触らないように、ネットからも出さない。
*洗う前に、背中、足の近くの毛、それ以外のステイプルのそろった部分を分ける人もいますが、洗った後に分けた方が手もべとつかないので楽。
3.洗剤液に浸ける   4.ネットの上から圧す
汚れの程度を見て10分〜1時間汚れをふやかす。が、原則としてできるだけ短時間にサッと洗うのが良い。例えば浸けたまま一夜越すと、臭いが(汚れも?)毛に浸み込んで、毛が臭くなる。   ただ横着者のように、ネットの上から圧す。風呂のかき混ぜ棒で圧すと楽。脱水して、もう一度新しい洗剤を溶かした湯に浸けなおして圧し洗い。汚れ、脂分の残りの程度を見て、好みで繰り返す。
5.すすぐ   6.脱水機にかける
すすぎも湯で、圧し洗い。あくまで、洗濯ネットのまま、脱水して再びきれいなお湯へ。きれいにすすいでおくと紡ぐときにホコリが出ない。   しっかり脱水機にかける。毛は脱水槽の回転で、壁にピッタリ圧されているだけなので、10分かけても20分かけてもフェルト化しない。短い脱水時間で濡れたフリースを干すと、広げるのに毛同士がべとついて摩擦も増え、毛に良いこと無し。
7.干す   8.選別
ふわっと投げ広げるように風通しの良いところに干す。脱水して軽くなったフリースは、ほとんど一日で乾き、輝く羊毛が手に入る。感動の感触。   さて、乾いたら、色や質を見て、自分がこれから作るものをイメージしながら、毛を選り分ける。選別のコツは「使いたい毛」つまり、自分にとって最も良い毛を、まず、選び出す事。悪い毛やゴミを取り除こうとすると、無駄にステイプルを崩してしまう。美しい毛を抜き取って、後に残った毛の用途の事は後回しにしておく。*フリースは広げて見る度に、ステイプル(毛の束)をバラします。いじらない、ゴミも特に大きくなければ、そのまま。

ネット店内商品検索
特集



商品カテゴリ




























サービスいろいろ
小分けサービス
一頭分フリース
カードサービス
紡ぎ車修理サービス
染めサービス
木版製作サービス
ご注文前に必ずお読み下さい
販売単位について
商品の性質について
アシュフォード製品のお取り寄せ
わからない事がある時は?
個人情報の取り扱い
店長からひとこと
お急ぎの場合はお電話が一番!
ネット店から頂いたご注文は、その性質上どうしてもメールのやり取りなどの時間がかかってしまいます。ですので、もしも「うっかりしてた」や「〆切が迫っている!」などなど「超急ぎ」の場合は、ぜひお電話(0551-32-4215)でご注文下さい!できるだけ早く対応します。
詳しくは、「お読み下さい」、そして「送料とお支払い」「ご注文の流れ」のページをご覧下さい。お買い物の仕方が解りやすく書いてあります。
ページの一番上に戻る